上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そういえば、最近美術館記録をしてなかった。

静嘉堂文庫に行ってきました。これは先々週。
山手線内の某所(忘れた笑)にある美術館で、細川家の所蔵品が展示されてるところ。
ので美術館とは名乗っていないのです。
周りは公園になっていて、とても静か。
建物自体70年ぐらい前の年代もので、そこでゆっくりしているだけでも行く価値有り。


先週は相変わらず山。山梨大菩薩峠に登ってきました。
道が舗装されすぎててつまらん。お手軽ではあったのでよかったんだけど。

今度友達と登ることにしたから、色々準備しなきゃ。。人を連れて行く余裕はまだない。



来週こそ会津に行こう。









スポンサーサイト
2010.10.30
2010.10.17
まずは山行記録。9月、甲武信ヶ岳。
埼玉、山梨、長野の三県の県境を形取っている山。2475m。
土曜朝10時行動開始、15:30山頂着。山頂小屋に泊って翌日3:30で下山。



RIMG0403 (Small)
木の根の間に日が射して。


RIMG0384 (Small)
切り株の城塞に緑が茂り。


RIMG0390 (Small)
空は眩しく。

RIMG0412 (Small)
季節を過ぎたシャクナゲの花。

RIMG0431 (Small)
山頂には祈りの石が。


RIMG0451 (Small)
岩場で朝露に濡れる草。


RIMG0452 (Small)
風強し。耐える木。


実は三年の頃に行った山でした。最後の木はその時も見た。
昔を辿る旅でもありました。
そして帰りは信濃川源流を辿る道。一度道を間違えて沢に入り込む。うぎゃ。
原因は帰りのバスに間に合わせるためと他の登山客とかぶらないための焦り。なんだそりゃ。

登れるうちに今年はもう一山、、!



---




日曜ですね。
最近、めっきり大河ドラマを観ない。
その時間に家にいないんじゃなくて、教育テレビを見てるんです。
「日曜美術館」。今日は、ドガ。
だって龍馬伝つまんないし。
つまんな、、くはないんだけど、大河ドラマと違いすぎる。
あの映像と音楽。あと熟練の俳優が一人もいないよね。
50代以上は見れないよねー。。どうしてんのかな。

転じて日曜美術館は落ち着く。
おもしろいってか、落ち着く。笑

別に齢食ったからじゃないよ。いってQも見ちゃうし。笑
大河よりイモト。うーむむむ。。





笑おうと思うんです。
自分に一番足りないのは、仕事のスキルより体力より笑いだと思う。
どうやったら笑えるのか、、はわからないけれど。
とりあえずジャガーさんでも大人買いしようかと。笑



すっかり行き着けになった近所の喫茶店で、おじいちゃんとマスターがリーダーの資質について語ってた。
100点取れるやつがリーダーやっちゃいけない。下にこいつは俺がいなきゃダメだ、と思わせることが必要なんだって。

いや、リーダーなんか一生やる気はないけれど。笑
ほしいの。そういうの。



ひとつ言えることは、私はもっと、気楽でいるべきだったということだ。
顧客が私のプレゼンテーションを聞きながら、不満げな顔や困惑の顔、あるいは疲れたような表情を浮かべたなら、率直にその理由を尋ねれば良かったのだ。
「鈴木さんはもうちょっとね、コミュニケーションの仕方ってものを学んだほうがいいかもしれないな」
上司にそう言われたとき、それを私と言う人間についての全面的な否定だなんて思わずに、ただもっと、やわらかい気持ちで受け止めれば良かったのだ。
「じゃあどうすればいいのでしょうか」
と、どうして素直に尋ねられなかったのだろう。

朝比奈あすか『憂鬱なハスビーン』p117、講談社文庫、2010年


ったって、じゃあどうすればいいのでしょうか。







寮の同期の友達と話す。
会社への期待の度合い、が違う、と感じる。
この1年半で、社会人ってこんなもんか、っていうのはなんとなくわかったから、もう十分、と言う。
じゃあどうすんのって今日はカポエラしに言ってるらしいんだけど。笑

好きなことで自分を塗り固めよう。
ドガの造った彫刻のように。蝋を重ねて。







今日はビーフカレー!







2010.10.09 ふつーの
営業はあと半年おあずけです。

今はM&Aの稟議を書いています。
と言えば聞こえはいい。



後輩が入ってきました。
隣と、斜め前。
席上若手は自分だけなので、面倒見ることに。
すいません、僕は僕のことでていっぱいです。笑

勝手も違うしね。
彼らは一人でもなんだかんだやってしまうし、
変な気負いも無く質問してくる。
オブリガー稟議なんていきなり聞くなよ。笑

当然、焦るよ。
自分が生み出せる付加価値はなんなのか。
そりゃ必死にはなります。






相当引き気味で戦ってきた。
(自然体で仕事ができるようになるまでは、これは「戦い」なのです。依然。)
それじゃあだめなことが身にしみてわかってきた。
歩こう。





知識。理由。
学習。継続。

ここ数年、疲れてた。

今、そういうものに、向き合ってみようと思う。

どうなりたいかなんてわからないよ。
でも、こなすことに、捌くことに憧れはある。
やり遂げるとか、達成するとかじゃなしにね。









まあ、せいぜいがんばってみるがいいさ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。