上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.04.29
つくばに、一日中いました。
あー。あー。あー。
って思うことが、いっぱいあった。

じゃあどうする。
なんてもんじゃなくて。
ただ、そう、感じた。

大事にしたいよ。そういうのは。


スポンサーサイト
2010.04.26 NHK教育
村上春樹の文学は「都市小説」。
「孤独な群集」にとっての、居心地のいい場所を提供する物語。

ああー。たしかに。
納得。
だからあんなにふわふわしてんのね。


でも、正直あんまり好きじゃない。
まだまだ。骨太のストーリィを求めるよ。

2010.04.26
だましだまし。

ごまかして。

そーゆーの、ちょっと疲れた。



ぎぶ・み・さんくちゅあり。
2010.04.24
集中したい。
ただそれだけなんだ。

好きなことだけしてたい、とかじゃない、と思うんだ。
本気でやりたい。その一心。

だから、「それ以外」は、「雑音」として切り捨ててしまいたい。

行動で示すから。そんなことに手間をかけさせないでくれ。




甘いのかなぁ。。
2010.04.19 千鳥が淵公園
RIMG0345 (Small)

RIMG0347 (Small)

RIMG0348 (Small)

RIMG0338 (Small)


四月の雪の日の桜。残り桜。

2010.04.11
RIMG0313 (Small)

RIMG0329 (Small)

RIMG0326 (Small)


幸手に行きました。
「さくらまつり」をやっていて。
桜並木と菜の花畑が2キロ続いてるんです。
ちょっと曇ってたんだけど、青空も覗いていて、自然の色々がよく映えました。

で、これをカメラに収めると、妙に暗くなっちゃうのね。
実際に見た景色とはちょっと違うんだけど、まあ、これもいいかな。
写真が自分の眼とズレないように今まで気をつけてきたけど、
実際に見た景色(と、印象)をそのまま写真にしなくてもいいんかな、と思い始めました。



ロバート・キャパ―ちょっとピンぼけ 文豪にもなったキャパロバート・キャパ―ちょっとピンぼけ 文豪にもなったキャパ
(2002/02)
ロバート キャパマグナムフォト東京支社

商品詳細を見る


最近図書館で借りた写真集。
白黒の写真じゃあ実際の様子が伝わらん!と思ったけど、
このほうが確かに印象は強い。

前にも書いたけど、写真と言えば「報道写真」の「使われ方」だったから、
写真=真実であるべきだーっと思ってたけど。
自分で撮ってみて、自由でいいんだってわかった、って感じでしょうか。


あー、大学の頃見聞きしたものが、なんにしてもベースになってるんだな。
予感はしてた。
じゃあどうする。
答えは急がない。






逃げる。逃げる逃げる逃げる。
ゼロにして、淡白にして、日常を引き延ばす。薄っぺらく。
それが今の、自分の、ペース。

周りと比べたら明らかにどーかと思うんだけど。
自分はそのやり方しかできない。
いいも悪いもないって。




うん。


2010.04.09
「センス無いなお前」

最近カチンときた言葉。(笑)
模造紙のしまいかたなんぞでセンスを批判するんじゃねえ!
ってね。


でも待てよと。
自分も先輩が印刷の仕方でセンスない言われてるの聞いて、ちょっと納得してしまった。
だって用紙の60%ぐらいしか使ってないんだよ。




ようは、イメージできてるか、が重要なんだと思う。
これはこうあるべき、こうしたい、っていうイメージ。
自分はこれが強すぎる。
かなり偏ってて、だいぶ間違ってて、今の自分と乖離してる。
でも、これに縋っていくしかない。





明日も。






2010.04.05
201004010712000 (Small)


レミオロメンのCDなくしました;;
レンタルなのに;;




どれだけやさしくなれるかの勝負、だと思う。
自分のことやって、上司のガツンもこらえて、+α積み重ねて、
その上で、いっぱいいっぱいの同期を助ける。

サバイバルな環境におかれても、へらへらしながら自分らしさを保ってられるか。


あれ?これってどこかで。

ディレクをやって、BG書いて、代表やって、その上で、先輩のアホな依頼にも応える。
リサーチできないとかきゃあきゃあ言う同期を助ける。


うん。おなじだ。
役に立ってる。
少なくとも、気持ちの面では。



おんなじ考えだと、三年以降の時みたいにろくに助けられない時がくる。
それはたぶん、基礎力が無い時と、自分自身が走ってないとき。
あの時の自分を供養してあげるためにも、今に活かさないとね。






とりあえずあの時と違うのは、体力のなさだねー。。
一日中体が動いてくれませんでした。
朝の吐き気も、なんとかしたい。
腹から声を出したい。
笑うぐらいの体力はほしい。




そろそろ「がんばる自分」に酔うのをやめよう。
余裕を持とう。
慎み深くなりましょう。
うーん。。むりかなあ。笑





2010.04.03
201004012225000 (Small)


「たとえば」
って出だしが好きなんですけど。
これ、なんでですかね?
マイブームだと思ってたら、高校の頃から続いてるんだけど。笑


ホントのマイブームはレミオロメン。
ベストアルバムをずっと聴いてます。

気取った≒距離を置いた歌詞が、ちょうどいい。
それでいて根性系もあるから、バランスが取れてる。
「wonderful&beautiful」を一番聴いてるんだけど、アルバム全部聴くのもいい。
それは声と、雰囲気が気に入ってるからなんだろうね。
声のハリがすごいから、絶対歌うと気持ちいいんだけどなあ。
ああああ、カラオケに行きたい。


花を買いました。
いつもだけど買って帰る時は誰かに見られないか心配で。笑
部屋が明るくなる気がするね。
でも、普段置いてないと、ちょっと違和感。
普段は外で、大量に見るものが花瓶にちょこんと収まってるんだからねー。
水やりなり、土の処理なりするのも外にこぼさないように気を使うから、
部屋の中では異質なものなんだなー、と改めて感じます。
ちなみにこいつ、日なたに置いてやらんといかんのだけど。バルコニーに置かせてもらえないかな。




何かをあきらめることは、残ったものを際立たせるためなんですね。
選択することで自分の道がはっきりしてくる。
決められない病はまだまだ続いてて、今は続けることしか考えられないけど、
いつか前向きになれたらいーな。てかそういうのも面白いな。
就活してる後輩を見てて、そんなことを思います。



卒業。
就職。
転職。
二年目。


少年はその石を袋にしまった。これからは、彼は自分で決心をしてゆくのだ。
「これからおまえがやってゆくことは、たった一つしかない。それ以外はないということを忘れないように。そして前兆の語る言葉を忘れてはいけない。特に、運命に最後まで従うことを忘れないように。


パウロ・コエーリョ著、山川紘矢、山川亜希子訳、『アルケミスト 夢を旅した少年』1994年初版、角川文庫、p38


今年度、よいことがありますよーに。
ささやかに、小さく、思いを馳せてみる。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。