上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仕事をあがると、他の事をまじめに考えなくなりません?
なるんですよ。
ちょっとてきとーに友達と話してしまって、ちょっと反省。

どーも体が疲れる。
それは、日曜のつくばが原因な気がする。
また行ったんすよ、つくば。
それも今回は友達に会うとかじゃなくて、いーらで。笑
いーんです、縦のつながりは大事です。

でね、日本の安全保障政策における日米安保条約、っていう伝統的なテーマで議論をしてきたんだけど。
昔の感覚がよみがえってしまって。
ただ楽しいなんてことはまあもちろんなくて、
こんなコメントじゃだめだ、っていう自己嫌悪とか、
同期ならもっとうまく、とかいうコンプレックスとか、
まあそういうもろもろが湧き出てきて、
ちょっと大変でした。

いや、楽しかったんだよ。
そういうのは向上心の一種だとは思うし。
でも、こういうぐるぐると常に向き合ってたあの頃は、うん、確かに大変だったな、と社会人になった今も改めて思うのでした。
今はかわすとか抑えるとか正当化することとかをちょっとは学んだから、いくぶんラク。
もちろんきついもんはきついけどね。
朝から疲労とか抵抗感とかから目を背けて、ただ階段を上るのは、気分的に落ち込む。
駅なんだからエスカレーター使えばいいんだけどさ。笑

明日っからカンヅメ研修。
初日に試験だって。じょーだんじゃない。
がんばります。


スポンサーサイト
2009.07.23 今日は
スポット休暇でした。
一日の単発休暇ね。

何もしないのも悔しいので、
モスクに行ってきました。(笑)
代々木上原にあるんすよ。
http://www.tokyocamii.org/publicViews/home/lang:jp/

きれいでしたよ。
かなり広い礼拝堂があって、お客さんなんかほとんどいなくて、のんびり楽しめました。
ぜひ。

あと本を衝動買いしました。
以下リスト。

宇佐佐真理『寂しい写楽』小学館、2009年
塩野七生『海の都の物語  ヴェネツィア共和国の一千年 4』新潮文庫、2009年
瀬尾まいこ『図書館の神様』ちくま文庫、2009年
藤原伊織『ダナエ』文春文庫、2009年
村上春樹『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド(上)』新潮文庫、1988年
落合直文、小中村義象『歴史読本 第六編』博文館、1881年(明示廿四年って1881?)
三島由紀夫『喜びの琴』新潮社、1964年

最後二冊は古本屋さんで。上5つは衝動買いが発行年からして明らかですね。笑
図書館の神様は帰りの電車で読み終えました。読後感爽やか。

その他近所のカフェに一人で入ってケーキを食べ(最近ためらわなくなったw)、
千住の花火に行こうとしたけど男しかつかまらなかったので飯を食い。


攻めの休日、を少しは取り戻せました。
明日仕事する気になんねーな。。w
2009.07.22 日比谷線にて
王子さまは、本気で怒っていた。風に向かって、金色に透き通る髪を揺らしながら。

「ぼく、真っ赤な顔のおじさんがいる星に、行ったことがある。
おじさんは、一度も花の香りをかいだことがなかった。
星を見たこともなかった。誰も愛したことがなかった。
たし算以外は、何もしたことがなかった。
一日じゅう、きみみたいにくり返してた。
『大事なことで忙しい!私は有能な人間だから!』
そうしてふんぞり返ってた。
でもそんなのは人間じゃない。キノコだ!」

「え?」

「キノコだ!」

怒りのあまり、王子さまは真っ青になっていた。

(サン=テグジュペリ著、河野万里子訳、『星の王子さま』新潮文庫、pp.37-38)
(※改行は管理者による)





キノコか。。。
org





ええと、お久しぶりです。
そんなこんなで、元気です。

相変わらず、仕事してます。
ふつーにやってる?みんなと同じように?
いや、自分にとっては大変なんです。
それでもまあ大体の人がいろいろ抱えながら仕事してるんだよね。社会って凄まじい。

最近、あまりネガティブにならなくなりました。
正しくは、ネガティブになってる時間がない。
色んなものに押され潰されて、考える時間が取れない。

それだけじゃなく、時間ができても、ネガティブを避けられるようになってきた気がする。
することを無理にでも作ってしまえば、今は目を逸らしていられる。
てか、あれに向き合うのはそうとうきつい。拒否反応が出る。

そんなことを言いつつ、仕事が少しは面白くなってきました。
外債なんてよくわからなかったけど(今もわからないけど!)、
やっぱりブラジルが~とかトルコが~とか言ってるのは楽しい。
これが波に乗ったら、少しは笑える気がする。

もうちょい、まだまだ、がんばってみます。
だからみんなごはんに行こうよ。
2009.07.20 冗談じゃない
・生活リズムが崩れるとネガティブになる。今なら、夜更かしすると一番。
・兄が仕事をやめた。今度帰省した時に話を聞こう。とりあえず、がんばれ兄。
・最近営業にくっついてくようになった。面白い。外為課行こうかな。
・部屋に物が増えていくんだけど、なんだかここに定住する気になれない。
・人生とは旅であり、旅とは人生である。ほんとに俗な表現。
・とにかく誰か話し相手が必要なのは相変わらず。somebody, just not anybody.だよ。
・箱根に行きたい。前1時間いたけど。また行きたい。
・だって、旅だもの。
・ネットがつながっても、ゆちゅぶずっと見るとか今やってたらぎゃーだよ、ぎゃー。まじで。
・休日も何かしてたい。してないともたない。脅されて、踊ってる。踊らされては、いない。と思う

ほんとに大きな物語が欲しい。冗談じゃない。
いろいろあって新宿のMANBOO!にいます。
はじめてつかったよMANBOO。ネットカフェとしては悪くないね。狭いけど。

いーらと、もぎのOBOG会がありました。
どっちも三年上の先輩の海外赴任、留学壮行会で。
どちらの、どの先輩も、本当に、尊敬できる人ばかりだった。
自分の大学時代はなんて恵まれてたんだろう、って。
今日だけで、道筋をいくつも教えてもらった。
よしっ。

幸い、仕事は順調。
順調ってのは自分の成長って意味でね。
仕事の中身なんてまだないようなもんだから。
ただひたすらに行動しているだけで、自分にとっては成長。
いろんな問題があって、どうしようもないミスもたくさんしているけれど。
それでも、変化自体が自分にとって必要で、それが成長って言えるように思う。
そう思える程度の気持ちはこれまで培ってきた。

キーボードが打ちにくいからうまくまとまらん。
とにかく大事なことだけ。
いーかげん家にもネットがつながるはずなんだけどなあ。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。