上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.02.25 お隣の寝息
伝わらない。
久しぶりにストレス。

ストレスが久しぶりなんて。
以前の自分からしたらありえん。
いや、あの頃はげなくてよかった。(笑)

伝わらないことぐらい、ストレスにしないで課題として消化しないとね。
早く先に進もう。
夢とかいいから、ほんとうに、目の前のことからこなしていこー。

スポンサーサイト
2009.02.24 打つと書く
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20090223/187012/?P=1
「のどかな産業主義」「育てる資本主義」。「質実剛健」な金融。
そんな時代があったのか。(笑)今ではおよそ信じがたい。

記事を読んで思ったことを、ノートにまとめてみた。
全然まとまらなかった。(笑)
ここに書いていることは、上みたいに感覚っちゅーか感想でしかなかったのかなあ、、

昨日は東大の友達と話す。
4年の東京大学生を経て、彼は非常に軽くなっていた。(笑)
色々と話すんだけど、その辺が気になって中身に集中できない。
自分を落ち着かせるか割り切るか何かしないと、生産的な思考ができないわ。


記事はアメリカと日本を主たる対象にしながら環境産業の可能性を議論していて。
ITバブルの二の舞って懸念は自分も思ってたので、期待はしていた。
あんまり雲の上の話だったので掴めなかったけれど。
「質実剛健」も最近じゃそこらで使われるけれど、具体的になんなのやら。
ともかくも、思考だけは質実剛健にしなければ、、と。
はい、うまくまとめたつもりです。
2009.02.20 めも
パンプキン・シザーズっていうアニメで、
「患者は治療のために医師に同じ病気になって欲しいと思うでしょうか」
ってセリフがあるのね。
あそーさんになかがわさんの取り上げられ方を見てると、本気でそういいたくなる。


まだまだ、みんなに会う。
火曜にはファイナルいーらが終わり、今日はファイナルもぎ。
明日は、もぎの追いコン。もぎで、追いコン!(笑)

明後日からは、タイに6日ほど。
戦争遺跡と、領有権の係争地に行きたい。笑
その後の北海道は何も考えてないけど、、まあ、なんとかなるでしょう!笑


話したい人とだけ話してもいいんじゃないか、といわれた。
この5年を総括するためにみんなと話しくはあるけど、
こっちの卒業を踏まえずに話す人とは、ちょっと時間が惜しいなあ、と思う。


あああ、ねむい。
書き残しておきたいことはたくさんあるけれど、全部人と話す時間に回したい。
そんな今日この頃。
それを幸せという、かもしれない。
2009.02.17 九男真吾
水たまりだ。
球体よりも水たまりだ。




ひたすら人に会ってる。
まだまだ足りない。

今日は、誰かさんに軽く初めて自分の話をした。
基本聞く側なので、自分の話はしない。
しても抽象的な話で、まあ、参考になるようにしてきたつもり。
そうやって、過去を直球で口にすることを避けてた。
今日は、軽い気分でそういう話をした。
えぐれた。笑
そして、ゆらいだ。

あんまり言葉にしなさすぎた。
えぐれ具合が予想以上だったけれど、
だからこそ少しずつ言葉にしてかないと。
やー、ほんとにちっさいころからだからなー。


また別の誰かさんとは、しゅーかつとーく。
それなりに考えてきたつもりなのに、他の後輩とは話してるのに、言葉が出ない。
軽いことは言えない、と思ったから。
そうやって、また大事な人が増えていく。

約束をしようとした。
期待するのが怖くて、できなかった。
今より前も後ろも、手が届かない。
次は口にしてみよう。


つづく。
年賀状を描きました。笑
この季節なので寒中見舞いということで。
二輪咲きの梅と見上げるPかちゅPちゅ。
水彩で描けるようになったのはうれしす。

エウレカセブンを見てます。
ひまじん。笑

テンプレート的な設定とストーリーが心地いいし、
だからこそ見せ方に気を配れる。
「語らない」割合が多くて、展開はなかなか好き。
キャラにもう少し深みが欲しいかなあ。。
今第三部入ったとこだから、これからに期待しましょう。





実際、面白いのは、人。
一番は、じぶん。
大事にしよう。
2009.02.13 YOYO
なんだろう、このもやもやは。

みんな、こんなもやもやを抱えながら社会人になるんだろーか。
もやもやを感じてるだけでも、まだましだとは思うけどね。無関心よりは。

理由がインセンティブにならないのは分かった。
言葉遊びでは動けない。
じゃあ、なんだ。
感覚か。直観か。
そんなオープンな性格じゃないんですけど。


とにかく、誰かにぶつけてみたい。
なんなんだこれは。誰かに助けてもらいたいのか。
でも、ぶつけられる人がいない。
もやもやを伝える術も持たない。

うぎゃー



2009.02.11 34かぁ、、
最近、とも○か△えのブログが面白い。
最近ちょっとご無沙汰してて、久しぶりに開いてみたら。

語ることがあり、語りつくせないことが分かっているから、
短く、刹那的に書き残す。


色んな人に会う。
見下される自分も、尊敬される自分も、なんとも思われてない自分もいる。

どこへ行こう。
まだ歩き続けたい、って答えすら保留中。


建国記念日といえば、FFⅧを買った日。
あれからもう、、11年!
せめてあのときよりは、前に進んでいたい。
今から11年後も、そうありたい。
「本質」を最近濫用する。
本質じゃなくて自分の関心でしかないだろうに。
「ほんとの自分」なんてのも、同じようにない。

ただ、関心はある。
他と比べて興味が強いもの、ひかれるもの。
それを基準にものごとを考えるのは、たぶん必要。
そゆ意味では、軸はあるんだろう。
ただの言葉遊びだけど。

自分本位の基準を絶対視しない。
その辺のバランスが厄介。

人間球体論(西原、2008)は、多面性のバランスを図る上では優れた視点を提供してくれる。
ただコア(≒本質)がある点でちょっと正確ではないかもしれないなぁ。
とまあこれもただの思考遊び。

他の人がどれだけ色々考えて生活してるかは分からない。
直感的に生きてる人もいるだろう。
だから、他人を球体で捉えるのは杞憂といらぬ徒労を招いてしまうかもしれない。
損だ、とも思う。

というわけで、人間球体論の妥当性を検証するために人と話さなければなりません。
みんなサンプルになってね。笑


と、無理やり思考遊びと会話を結び付けてみる。
こゆことを考えてるから、一般会話さえままならない今と理想がどんどんかけ離れていく。
おおおおおおおおう。なんとかしよう。
そして今日の試験もなんとかしよう。
本質の話をして勉強をさぼってしまった。
これも理想と現実の縮図だ。
うぎゃー。

証券外務員資格試験の勉強が面白い。
おもしろい!!(笑)

参考書に向かってひたすら知識を入れる機会は、この5年で殆どなかった。
今まであやふやにしてきた知識が体系的に整理されていくのが楽しい。

働きたいと思ったのは、
知識が、勉強が貴重で、何かの役に立つことがわからなかったためなんだろう。
こんな基礎的な試験はまだしも、
世の中の「原理」を学ぶ機会は、たぶん仕事を始めたらなかなか取れない。
その機会を創出して実行するインセンティブを、大学生活では自分で生み出せなかった。
結局、小さい頃からのイメージのある「仕事」に求めたんだろう。


原理がどこまで必要になるのか分からない。
ひょっとしたら必要ないのかもしれない。
今の自分は、原理を知ることよりもまず社会を知りたくて、
社会ってつまり企業で働くこと、なんだ。

歪んでるなぁ。
臆病でもある。
けど、評価はどうあれ今の自分はそーなのだ。
大学生活の終盤に、自分に肯定的になったっていう変化までいちいち評価してたらやってられん。


少しずつ、覚悟を決めてこー。
2009.02.02 otherwise
2800まで友達とココスしたり、おかげで卒業旅行の打ち合わせを寝過ごしたり、日銀退職の某おじいさまと内需について話したり、てゆーーか証券外務員の試験が明後日だったり、オーストラリアの友達と久しぶりに連絡が取れたりと、
まあなんだかんだあるわけですが。

それを言葉にする気がおきない。
言葉じゃなくって、もっと底のほうのどろどろに向き合いたい。
つながってる気がするのよね。ねっこで。
ひとまず、、座禅バイトとかないかな。笑


あとは、人と話そう。
最近がんばってるんだよー。違う人とも話すようにしてます。
卒業旅行に知らない人と行くとか、最たる例だろうね。笑


よし。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。