上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.11.30 ざざっと
けいとうにくる、は、行動する、と同義。
ってことでだいぶのってるので、メモ書き。

スイッチの入れ方
・けいとうにくる
同上。

・作業用BGM
それも同じのをずっと。
体にしみこむ。

・食べ物を大量に用意
体に刺激を。


大学時代にやっておきたかったこと、ないしはこれからしたいこと

・読書会
輪読的に。
いーらでやればよかった。
読書量は大事だ。

・英語
読めない聞けない喋れない。笑


フランシスフクヤマとか読みたくなる自分がまだいてくれて嬉しい。

あとは大学三年以降国際同期の男友達が欲しかった。
国際政治話が夜までいけるやつ。
こればっかりはどうしょうもないけど。
基本大学生活で男運に恵まれなかった。
仲のいい男友達もいないわけじゃないけど笑。


鳥が鳴いてる。

スポンサーサイト
2008.11.29 水こそ命
それは本当に突然にやってくる。
どんなに落ちて、底だと信じて立ち直って、もう落ちないと思っても。克服したと信じても。
内側にぽっかり空いた穴。ずっとあり続けるんだろうか。ずっと抱えながら、怯えながらいくんだろうか。
自転車みたいだ、と武田鉄也が青春さながらに歌えば聞こえはいいけれど。
色々しょいこみながら生きてくのは思ったよりしんどい。
これが社会の重みってやつですか。甘いか。



まぁ、いいさ。
今はまだ動いてる。
今はまだ、悩まずに行動に溺れてられる。
幸いトルコは本当におもしろい。何を書けばいいのかまったくわからないけれど。(笑)←笑い事じゃない
行動という信仰に、今は盲目になろう。
そのうち奇跡も見られるかもしれない。


ひとまずは体だなー。ついてかないよ。あと水止まるし。ありえん。


2008.11.26 出勤!
就活イベントに駆り出されて、スーツで東京に向かってます。七時寝四時起きの生活リズムにはきつい。(笑)
おかげで朝番組に強くなってしまったんですが、
・教育は朝から神。五時の漢詩と七時のシャキーンがよい。
・もんたはもうだめだ。読売の論説員もだめだ。
・フジは明るい。
・テレ東は怖い。てかヤイバを15分だけ放送するな。コナン対ベジータの話だと初めて知った。

どこも紅白裏の自局の宣伝が控えめでウケる。(笑)

で、出勤。調子に乗ってしtxで日経を読んでみるのだが。
なんで四つ折りで記事分割してくれないんだろうね。
せめて縦二分割で左右に分けてほしい。読みにくいったらありゃしないっ。

巷で噂のミニノートは四つ折りサイズらしいけど(ちょっと大きくない?)、
普及したら是非電子新聞購読サービスをつけてほしい。タッチパネルで紙面をずらせて、紙媒体の雰囲気が残っててほしいな。でタッチペンで文字が書けてメモを保存もできる。dsとigoogleがセットになったような。
などと妄想を膨らませるのでした。ほんとにほしいのはモバイルまくら。ぐぅ。
mixiの距離感は面白い。
改まるでもなく、ゆるいコミュニケーションができる。
それでいて、マイミクで閉鎖的な感覚もある。
そんなあいまいなつながりの中で、足跡が時にはかなり踏み込んだメッセージになったり。

誰かに連絡を取るとき、携帯の電話?メール?PCメール?会う?とか色々あるけど、
その中でmixiは結構アクセントになっていると思う。


最近のお気に入りは深夜に人の最終ログイン時間を見て、プライバシーを侵害すること。笑
早く寝なさいってば!

刹那的だろうがなんだろうが、書きたい時に書くッ!!


やりたいことがあって、
それを噛み砕いて、
ナゾトキをする。

って流れができなかった。
多分、論文でやるべきだったこと。
場当たり的に、脊髄反射で対応してしまう自分にとって、
一番欠けていて、
これから求められること。


それでも同時に求められるのは、
修正力。


蒔かれたところで咲けると思ってた。
すごく視野が狭かった。
ほんとに、根を張って咲けるように、今の内にがんばりましょ。

そもそも、97%もの株をファンドに握られている以上、結果を出さなければ首を切られてしまうということはわかっていたはず。とくにファンドというのは、すぐに結果を出すことを求める傾向にあり、実際に横川氏が再建に必要な期間を「5年」としたのに対し、ファンド側は「3年」としたという。結局渋々横川氏はそれに同意し、MBO契約書にサインをした。

DIAMOND online 『『名ばかりMBO』のツケ?退任要求された「すかいらーく」創業社長』
2008年08月08日
http://diamond.jp/series/nagasawa/10041/
---


金融って、「ヨソモノ」ってイメージがある。
事業を起こして、生産して、販売して、って商売を円滑にするための、+α。
事業主とは違う、第三者。

なくてはならないものなんだ。
インフラなんだ。
半年前に散々言っといて、まだはっきりとわかってない。

ただ、上の記事の証券化やファンドの運用はよくわからない。
経営者が期限を5年と主張したのを3年にして、結局2年で解任したのも、
ファンドとしての立場というより、ヨソモノだから、関係ないから、って意識があるように見える。
記事には色がついてるけど。

銀行業務だって、ただ融資すればいいわけじゃない。
そこら辺、自分でもはっきりさせとかないと。
でないとどーせ「こんな仕事…」とかごねだすんだから。笑


あとは、人。

---
だから、計画を見た時、「こんなことができるならMBOをする必要なんかない。今の流れを変えるには5年はいるよ」と言って、契約書へのサインを拒否した。そうしたら、「4つの会社の100人が徹夜で作った計画をあなたは拒否するのか」と言われて。事業計画に関わっていたウチの社員も「そのあたりは向こう(投資会社2社など)も理解しているから」と言う。それで、「そうか、分かった」とサインをした。社員を信用したからです。でも、確認しなかった僕が悪い。
NB online 『すかいらーく前社長、MBOから解任までの舞台裏を激白』 2008年8月19日
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20080818/168102/?P=1
---

経済が無機的なんて、言ってる場合じゃないぜ!

2008.11.24 まだくらい
No music No life
の人って結構いるじゃん。たぶん。
どんくらいいるんだろう。
どんくらい音楽中毒なんだろう。

例えば勉強してるとき、部屋に一人のとき、どれだけの人が基本音楽を聞いてるんだろう。
個人的に、どっちもないとか耐えられないです。
今イヤホン離したら、急に静かになってびびった。笑
音楽のない状態を異常と捉えるって、けっこうキテるなあ。

音楽がないほうが、勉強に集中できる気はするんだけど。
部屋にいるときも同じで。音楽を聴いてると、基本なんも考えてないし。笑

なんとなくね。なんとなくだけど。
ふー。大河BGMは強力だ。



追記ですけど。
日常の音楽と、ニコニコで流れるコメントって似てるなあ、とか思った。
ええとね、
日常でどれだけ「ながら」が多いか、「ながら」に慣れてるか、って話だと思うのよ。

音楽にしろ、テレビにしろ、情報が多すぎる。
消費社会に侵されてるのさ。ごぼごぼ。
ニコニコのコメントには確かに消したくなるようなのもあるけど、
それでも流しちゃってるのは「ながら」に対する慣れ、なのかなあと思うのよね。

テレビでザッピング(チャンネル頻繁に変えることね)するのも、ようつべで画面がすっきりしてるとなんだか落ち着かないのも、「ながら」に慣れすぎてしまったせいなんだろうなあ。
慣れじゃなくてもう依存よね。

「ながら」が悪いわけじゃなくて、(なんで善悪必要不必要の判断に流れちゃうんだろう。。)
音楽みたいに集中効果を生んでくれるものもあるし、
逆にひとつことにはまりこむのを抑えてくれることもあるかなあと。
自分の場合は、考えにふけって悩みすぎないための抑制作用になってる気もするんだな。笑


これもまたマイブームの刹那ネタにつながるのかなあ。やだやだ。
ひとまずは卒論に+の効果を生む「ながら」を早く見つけたいです。

国家にとって外交方針って必ずしも必要ないと思うんだ。
ただ、個人には方針が必要。個別の課題にいちいち意義理由を考えてる暇はない。


打つ。ひたすら、打つ。
するとぬるま湯の現状が変わってくる。

それで何が変わるって言うんだ。
ただ目の前の課題をこなし続けてるだけで、もっと根本的なことをほっぽってるんじゃないのか。
そんな疑問とひいた見方が、今まではあった。

でも、是非はともかく今は作業が大事だと思うから。
作業からしか、根本は変わらないと思うから。
だから、打つ。


動機付けはできた。と思う。
あとは、スイッチだけ。

今一番切り替えを阻んでるのは、生活リズムの崩壊。あら身近。
そろそろ帰ったほうがいいんだろうなあ。。生活リズムが乱れると、本当に頭が働かない。
こんな生活を5年もしてても、やっぱり「この時間帯はこれする」っていう意識があって、時間があるからってなんだって出来るわけじゃないんだよなあ。
バイオリズムがある以上、「起きてから10時間後」には違いがあるのよね。
当たり前か。2600と1700が同じであっていいはずがない!(笑)



あー。チョコが切れた。そろそろ潮時だー。

2008.11.24 ざわ
刹那的な感情しか湧いてこない。

面白さも、驚きも、興味も。




だめだだめだ!
ザッピングするのと卒論が書けないのを同じレベルで考えちゃダメだ!
ひとまず書けー。ぐわー。どはー。

果てしない日常。
大きな物語以後の世界を評しての用語。

日常の最低限の行動すらも危うくなって、いよいよ他人への迷惑も限界に来てるとき、
これを生きることがいかに厳しいことか思い知る。

卒論書き続けるとかー。
仕事こなすとかー。
ごはん作るとかー。

気付かなかったけど、みんないろいろとすごい。

だからって凹してる誰かをはげましたりはできないし、
だからこそ自分はいろんなことができなくなっちゃうんだけど。
いかん、正当化してる。(笑)


じゃあ、今は何をしようか。
ううん、そうじゃなくて。
今の自分を省みながら、今の自分を変えたりはできない。
うまく説明できないけど。
そういうのって、打算的だ。

本当に、日々を坦々と過ごす。
今が変わるにはそれだけしかなくて、
そうすることで自分の中の見えない蓄積が表れるんだと。



ふぅ。そんなわけで。
省みるのはいつか先にとっておいて、
今はちまちまと歩きましょ。

レポートを書いてます。
比較経済論と国際関係史。
すごく、やる気が出ません。笑

前者は環境と人間の経済活動見通しとどうすべきか。
将来に悲観的になってしまうのも、危機を煽るメディアに躍らされていることになるのかな、、
と思い、できるだけ前向きな内容にしてみた。
それでも結論は悲観的だったけど。笑

後者は授業のプリントに関連することを自由に。分量も自由。
ちょろいと思ったらプリントが意味不系(意味不明系。4年前に作った。先輩に引かれた)で、
中国のプレゼンス増大が近隣諸国の主権を放棄させることになる、なんて
危険なことを書こうとしています。ひぃ。


本当に、中身がない。
授業が面白かったわけでもなし。
本当に、大学が与えてくれるコンテンツから得たものは少ないのだな。

じゃあ、何を得たのか。
そんなもん今見えるわけがない。

最近深入りしなくなった。
これはたぶん、成長。
なんもしてないからかもしれないけど。笑


あとは行動が伴えばいいんだけどね。
すてっぷ ばい すてっぷ 。だ。よね。



あー。夜中の3時に手をつけられるほど、やる気があればいいのに。
しょうがないので、何か別のことします。(おーい 笑)
2008.11.22 甘え
記者も面白そうだよなあ。
某経済系ニュース番組を見て。
就活で行っとけばよかった、と単純に思う。
将来のためにコストをかけるって意味で、投資って重要だ。

でも、あの時は興味なかったんだから仕方ない。
過去が変えられるわけでもなし、反省したところで失敗経験がまんま将来活かせるわけでもなし。
さくっと切り替えないと。

二年前は、
深みにはまるんじゃなく、ネガなところで思考を止めてしまってた。
それは、ネガに浸っていたかっただけなのだろう。
なんにも考えていない今と、どっちがましなんだろう。

今、あんまりなにも考えていないので、意図的にネガな状況を作ってる気がする。
人に迷惑をかけまくりである。
よくないんだけど、うーん、正直もうちょっとこの状況を体験してたい。いや、よくない。


もぎの引継ぎが進んでるらしい。
なんかもう、きらきらしてて直視できない。笑
過去が美化されるのは、今が充実してないから、
とかまたネガするんじゃなくて、素直に元気をもらおう。

ギラギラと三丁目を見た。
説教臭いいい話より、当たり前のいい話のほうがいい。
言葉じゃないもの、足元にあって気づかないもの。
もうちょっと、、もうちょっと探してたい。


進むのか留まるのかわからないけど、
道はそれだけじゃないと思うし。
のーんびり行こうよ。
20代は甘えの時期。
挑戦の…とか言うと疲れるんだよね。笑


2008.11.21 うp主乙!



32:40に飛べ!
この連載に共感してくださった方は、私が思っている「今の時代に広まっている、『ポジティブ教』に対する反発」に理解を示してくださったように思います。


 日経ビジネス オンラインはビジネスサイトですから、仕事上の成功談や、成功するための方法論も多いですよね。その中でポジティブに上を目指したりせず、「現状維持」を勧めるような内容を連載していたので、それが目新しかったのかもしれません。


とにかく自分を他人と比べないことも大切です。まして、「成功している人」を自分と比べても、仕方ありません。


「誠実であるべし」という考え方もよくありませんね。これも「誠実教」と言ってもいいほど広まっていますが…。「どんなときも真剣に向き合う」とか「ウソのない関係を築きたい」とか言う場合がありますが、あまりお勧めできません。
誠実であろうとしすぎるのも、自己満足にすぎないと思います。

NB online 「ポジティブでなくても、メンタルが強くなくてもいい 自分をすり減らさず、「そこそこほどほど」に生きるコツ」 2008年11月20日 木曜日
http://business.nikkeibp.co.jp/article/skillup/20081119/177754/?P=3

---

のらもちかかちね中に後価値基地らのちとにのなみちかかいとにもちかかちるるる
餅にか勝ち味父ネネも意味御しらに後巣地の意にからなにのにかちのなみちにみみしちのいしらる
もち地のらすいまちちとんらなきちにちにのちるからすにちいつな久那すら見に口にか会のニモちとなる

i can write in english! ww
cuz something is wrong with my PC, i cant type japanese.
"あ" ga "ち" ni nacchau yatsu ne. wakaru?

the article above is cited from NB online as usual. how attractive the title is. www
hmm, i have to be in my second home,,

寄田医師は、その決意を胸に、その後1年間を経営や組織についての勉強に費やし、自分の理想とする病院像のビジョンを固めた。
 大切な時に駆けつけられる病院にしたい、という考えや、理想的なスタッフのあり方を、現在もヨリタ歯科クリニックの原動力となっているビジョンである「感動を与え、感謝の言葉が溢れ、ワクワク楽しい病院」、「smile & communication」という言葉にまとめる。
しかし、寄田医師の掲げたビジョンに対し、スタッフの反応は意外なほどにドライであった。そんなことを言っている暇などない、ワクワク楽しい病院なんか想像できない、実現できるはずがない。結局、ヨリタ歯科クリニックでは、この時に従業員のうちの半分が辞職してしまった。

NB online 「経営で大事なのは「見える化」よりも「食える化」 この会社はビジョンを“絵に描いた餅”にしない」  2008年11月19日 水曜日
http://business.nikkeibp.co.jp/article/pba/20081117/177447/

---

共通の制度はグループの一体感を醸成するのが目的であるが、その具体的効果といえるのが「転籍異動」と呼ぶ企業間の自由な異動である。異なる会社へ移る場合、通常は出向もしくは退職再雇用という形をとらざるをえないが、人事制度や退職金制度が同じであるため処遇が変わることはない。あたかも部署を変わるかのごとく容易に異動させることで人材交流によるシナジー効果やグループ全体の人材の最適配置が可能になる。同社の前田晃伸社長は、まさにこの柔軟なグループ会社体制の仕組みこそ「みずほのビジョンにほかならない」と自負する。

「今までは先輩とお酒を飲んだ機会などに密かに教えてもらうノウハウだが、いわば先輩社員が体得した暗黙知を形式知にできないかと考えて作成した。新人が多いだけに先輩の知恵を自ら学び、体得するツールとして役立てることを期待している」(みずほ銀行法人業務部業務チーム・櫻木伸生参事役)
 同時に現場のノウハウを主体的に学習する場として開設したのが「みずほ塾plus」だ。先輩社員を塾頭に入社2~4年次の社員15人で構成。半年間かけて現場の実践的なノウハウを学習する。塾ではテーマ設定も含めて塾頭を中心に塾生全員で自主的に運営する。今年4月から全国17カ所30クラスで始まっている。

President Online 「みずほ式「即成栽培」「横串人事」の内側」
http://www.president.co.jp/pre/backnumber/2008/20081201/8426/8437/

---

抽象化の問題。

二つ目の記事はみずほグループがグループを持ち株会社化して、人事制度を統一した件で。
モットーとかビジョンは、中身がなければ空疎。
全体像把握と組織の特質維持には欠かせないけれど、使い方だよねー。
自分は口頭でいっつも中身のない抽象的な単語を使ってしまうので、、、
具体を積み重ねることでしか抽象は生まれないのかな、なんて。
まだ抽象に至るには経験不足。
というか、Mほさんいいなあ。。笑

2008.11.19 てすとぅ
20081119043203
携帯からテスト!
→続きを読む?
2008.11.19 うだだだだー
怒ってもらえるうちが華。
本当だった。



ちょ、何この悲壮感!wwww


ごまかしとか、甘やかしとか、
言葉の裏にある低い評価が見えた時に、凹む。
諦められてるな、って。
批判よりも、無関心が痛い。
いっそ正直にダメ出ししてほしいとさえ思う。


そういうことに気づくのは言われてから、えーと、三週間後。
もしかしたらあの時あの言葉は既に…
ってテンプレだけど、こんなに凹むものなのね。笑
こういうのが、あの日にはどっさり。
あの日以来行動もしてないから、そのどっさりは過去のものにもなっていなくて、

ああああ、だめだだめだ!!(笑)
60~70年代は、考え方の基調を「右」か「左」に分けざるを得ない嫌な時代でした。  しかし、日本人は確実に成熟しており、かつてのイデオロギーに左右されずにものを考えるようになりました。 国の内と外について考える時、「右向き」か「左向き」か、ではなく、「前向き」か「後ろ向き」かで論じるべきということに気づいたということでしょうか。

「NB online 悪いニュースが嫌いな人たちへの良いニュース コメント欄」 2008年11月18日 火曜日
http://business.nikkeibp.co.jp/article/tech/20081114/177244/
---

うまい!
イデオロギーで分けられるほど、世の中は単純じゃない。
それが生産的か、をまず判断すべき。

本文は株価続落景気悪化貸し渋り~と悪いニュースばかり流す報道ではイノベーション、生産性が失われると批判して、明るいニュースを伝えていくよう努力すべきだ、という内容。
もちろん明るいニュースってのも難しいんだけどね。他のコメントでは、「物事にはなんだって二面性があって、両方を考慮した議論が起きるニュース」が望ましいとも。いやはや、まったくその通り。

こんな諸手を挙げて賛成するのはある意味それが当然だからで。
そっから先、先の自分が問題なわけです。
自分は悪いニュース報道派だからなあ。。たしかにイノベーションのかけらもありません。
自分で切り替えようともしてきたけど、多分限界がある。
だから近くに「バカ」が必要なのだ。
自分もバカになれたら尚良し。
それぐらいの保険はかけといてもよいでしょ?



sotte bosse やさしさにつつまれたなら

なんだこの顔は。笑
2008.11.17 わっほい
金融サミットで協調確認するも、日本に財政・金融政策打つ手なし
11月16日17時46分配信 産経新聞

先進国と新興国20カ国・地域(G20)が参加する金融危機対策のための緊急首脳会議(金融サミット)が15日閉幕し、景気刺激のため財政・金融政策で協調姿勢を取ることが確認された。今後、日本は欧米と協調して機動的な金融・財政政策を打ち出すことが求められる。だが、日本は先進国でもワーストクラスの長期債務を抱える一方、金利水準も低く、効果的な施策を打ち出せるほどの余力は残っていないのが現実だ。

 日本は、2兆円の定額給付を柱とする事業規模約27兆円の追加経済対策を土産に今回の金融サミットに乗り込み、景気下支えに最大限の努力している姿勢をアピールした。 米国発の金融危機は実体経済に波及。米国では基幹産業である自動車産業が大きな痛手を受け、泥沼の様相を呈している。外需に依存する日本への波及も深刻で、トップ企業のトヨタ自動車が平成21年度決算が本業のもうけを示す営業利益が前期比で約4分の1に減る見通しだ。企業業績の悪化が雇用や消費に広がり、さらに景気を悪化させる懸念は強まっている。

 景気後退の懸念は各国共通で、ドイツは総額500億ユーロ(約6兆円)、フランスも1750億ユーロ(約27兆円)規模の財政出動を打ち出した。中国は4兆元(57億円)大規模な景気刺激策を発表。米国でもオバマ次期大統領が1000億ドル(10兆円)規模の対策を検討中だ。1929年の金融恐慌の再来を指摘する声が強まる中で、「負の連鎖」を断ち切る上でも今回のサミットでは、協調した財政・金融政策の必要性をアピールする必要があった。

 だが、日本が打ち出した追加経済対策に対する国民の反応は冷ややかだ。民間シンクタンクなどは柱となる定額給付の成長率の押し上げ効果は0・1~0・2%程度しかないと分析する。むしろ財政悪化を懸念する声の方が強まっているようにもみえる。

 日本の長期債務は国と地方合わせて778兆円。景気低迷で税収増は見込めず、今年度の税収は大幅な落ち込みが確実だ。ユーロの統合で財政健全化を進めてきた欧州に比べても、新たな財政出動に踏み切る余力はない。

 金融政策も状況は同じだ。

 欧米が相次いで利下げに踏み切る中、日銀も歩調を合わせる形で10月末に政策金利を7年7カ月ぶりに0・2%下げ0・3%にした。しかし、すでに市中では1%台の低金利が続いており、住宅ローンの返済や中小企業の借り入れに与える影響はごくわずか。英中央銀行のイングランド銀行(ECB)が一気に1・5%も政策金利を下げたのに比べれば市場に与えるインパクトはあまりに小さい。

 日銀にとっては、次の政策対応で切るカードは少なく、金利政策で、欧米と協調的な歩調を合わせるのも難しい。

 財政・金融政策では、日本に致命的な影響が及ぶ前に欧米が立ち直るのを指をくわえて見守るしかないのが実情だ。財政・金融政策で協調路線がとれず、日本が世界から孤立しかねない懸念も高まっている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081116-00000525-san-bus_all

---

産経が政府批判してるぞ!
しかも中身がない!(笑)

協調金融政策と国家財政ってそんなに関係ないと思うんだけど、、
協調利下げってしなきゃいけないものなのか?実施時から意味ないって本人言ってなかったっけ。
最近の流行りの経済不況にかこつけて、無理やり不安を煽ってるようにしか読めないんだけど。
そゆ意味では直接政府批判ではないけれど、政策批判をしてる点でオドロキです。


近所で火事があったみたいよ。
ボヤなのかな、消防車は4台も来てたけど。
皆様も火の元とのどの乾燥にはお気をつけを。

2008.11.16 書感
哲学は人生の役に立つのか (PHP新書 555)哲学は人生の役に立つのか (PHP新書 555)
(2008/10/16)
木田 元

商品詳細を見る


---

 「考えてみると、私の人生はまわり道ばかりしていたような気がします。哲学の勉強を始めるまでに、テキ屋の手先をしたり、農林専門学校に入ったりと、さんざんまわり道をしました。そして今度は、ハイデガーの思想を理解したいために、カントやヘーゲルやフッサールやメルロ=ポンティという具合に、また何十年もまわり道をします。
 それも、まわり道をして、元のところに返ってきて、当初の問題が解決されるということではなく、まわり道をしたあげく、思いもしなかったところにひょっこり出てしまい、また新しい道を歩き始める。しかし、まわり道をしたことがけっしてムダにはならず、新しい道が開けてくるといったところがあった気がします。
 こういうのは、まわり道とはちがうのかもしれません。でも、ほかになんと言ったらよいのか分かりません。とにかく道がまっすぐ素直に通っていないのです。」
(同著、pp180-181)


読みました。不意に。
最近変な一日を過ごして2500から読書が多い。で2800まで起きてる。
一昔前は寝れないなんてあり得んと思ってたのになあ。

本は80歳になる日本の哲学者が、自身と研究テーマである哲学の関係を自叙伝的に書いたもので、
話はまるでまとまりがなく、あっちに飛びこっちに飛び、一貫性のかけらもない。
きっとのっけからタイトルは忘れている。

でも、そういう書き方だからこそ、等身大の著者が伝わってくる気がして。
上の引用にあるように、著者の木田さんはご自身の人生で何か首尾一貫した流れがあるわけではない。
これがしたい、これを目的にする、というのは短期的にはあっても結局ほっぽられてしまったりしている。
そんなものでしょう、と。
そうしているうちに、気づかないうちになんとかなるものなんじゃないですか、と。
かなりゆるく語ってくれるわけです。

まあそれができたのは木田さんが哲学を好きで、仕事にできたから、ではあるんだけどね。
これもご自身で21歳に、3年遅れで大学入らなかったら哲学はやっていなかったかもしれない、と言うように偶然の出会いだとは言っております。

今の社会では好きなことは見つけにくい、そんな状況で仕事にやりがい生きがいを見出すのは難しい、と哲学談義のころと違ってすごく現実的な話を、特に中身もなく(笑)書き連ねる。
生きる指針も何もありはしない。なんで働かなきゃいけないかなんてわからん、ニートもしょーがない、とかも言ってます。

それでも、

「こんな社会で、どういう生き方をするのがいいのか、あるいはどういう生き方をすべきかなんてことは、私にはとても言えませんが、どう社会が変わっても、好きなことをして生きるのがよさそうだということは言えそうな気がしますね。そして、そのくらいのことしか言えそうもありません。」(同著p236)

と率直に言うのには、世の中に対する真っ正直な姿勢が見えて好きです。



「誰かを助けるのに、理由がいるかい?」

とはFFⅨの主人公の言葉。
ここだけ取り上げるとべたべたすぎるけど、

そうなんだ。理由とか理屈を通す必要のないことって沢山あって、
人間関係とか人生とか、そんな難しいことに説明や答えが簡単に出てくるわけはないんだ。
大事なのは、率直さ。
分からない世の中を、自分を、分からないと受け入れて、ただできることだけこなしていく。
短期的であってもいい。明日の自分が描けなくってもいい。
そしたらそのうちなんとかなるんじゃん、たぶん。
それぐらいがちょうどいいのかなあ、なんて。



なんだか高尚なことを書いちまったぜ。
まったく、、人のことになると好き勝手に言えるんだから。
まあ、あんまり悩んじゃだめだぜ。ってことで。
あとはみんなFFⅨをやればいいんじゃないかな。


2008.11.11 最近の講読
<例えば、不動産価格が上昇した点については、グリーンスパン氏の政策にやや問題があったと思う。不動産価格の上昇を引き起こしたのは、世界的な「金余り」だ。そして、その状況から不動産への資金の流れを予測することはできただろうし、グリーンスパン氏ならば事前に対抗策を講じることも可能だったと思う。>
『コラム大前研一ニュースのポイント 金融危機の最大の原因は、グリーンスパン氏の政策ではない』 2008年11月11日
http://blog.goo.ne.jp/ohmaelive/e/768a7ffd7ede07e0ac95867e55bd8c40

不動産ブームと不動産価格の上昇ってそのせいだったのか!
理由がどっかに求められるのが面白い。
経済は謎解きのゲームみたいだな、と思う。
そして、大学時代には感情が入り混じる政治を学んだのはいい選択だったな、とも。



<この点については、能力的に可能だったが実行しなかったという意味において、グリーンスパン氏の責任によるところが大きいと私も思う。

しかし、今回の金融危機がここまで拡大した大きな原因は違う。ウォールストリートの責任を棚上げにして、全責任をグリーンスパン氏だけに押し付けてしまうのは見当違いだ。このような見解は、問題解決の第一歩である本質的な問題を見抜くというステップで間違いを犯していると言わざるを得ない。今回の場合、事象の規模は大きいが、やはり基本的な問題解決のアプローチはいつもと同じだ。表面的な事象だけに惑わされず、感情論に流されず、本質的な問題を浮かび上がらせるスキルを身につけることの重要性を改めて強調しておきたいと思う。>

(同上)

同意。
でも、事件の渦中にあった人にとってはしょうがなかったのかな、犯人を作ってでも非難したくなったのかな、とも思う。
ただ問題を無機的に捉えるのも、もちろん必要。
けど、それだけじゃ世の中は回らない。経済もきっと。
理も、情も抑える。
それができないうちはずっと客体、部外者でしかないんだ。



ああ、やっぱり今は政治より経済が見たいよ!(笑

たぶん今まで紹介してないけど、
クラムボンのPRAYERがとってもヨイ。

矢野顕子のカバーで、Lover Albumっていうカバー曲集の一曲目を飾っているのだけれども、
例によっていんすとぅるめんたるがとてもよいのだ。
http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=949529&GOODS_SORT_CD=101
ここで視聴できます。
URLがはみ出るのはごあいきょう。

このイントロでどう来るかは、レンタルで聞いてみてのお楽しみ、でござるよ。
他の曲もヨイヨイ。カルアミルクも入ってるし。おすすめぢゃ。




ゆっくりしたい。
何を今更。
いや、去年のゆっくりと今年のゆっくりと今のゆっくりは何かが違う。
何で一人会話をしてるんだ。

どうかしたら、これを発散させられるんだろうか。
どんな環境で、どんな時間帯に、何をしたらいいのか。
どうだろう、何をしてもすっきりしない気はする。


それでも、今のまま卒論を書くのは、きつい。
だって、卒論は「ながら」じゃできないんだ。
当たり前だ。

でもでも。
ここ2年間ばかし、ずっとながら作業ばかりしてきた。
それがいまだにうまくできないから、だらだらながらが続いてた。
おかげで色んなことが頭をぐるぐるしてる。
人についても、自分についても。
過去についても、未来についても。

消化の遅い自分としては、ゆらゆらしちゃって前を向けない。
一つ事に集中するのに、体も気持ちもついてかない。
といって、そのぐるぐるゆらゆらに飛び込む気にもなれない。
ブログが進まないのは、たぶんそのせい。

ゆらゆらと社会の間で、どっちつかずにうろうろしてる。
今年に入って、また一段と。


冒頭のLover Albumには、曲の最後に雑談が混じってる。
そんぐらい自然体でいけたら、いいんだけど。
出てこ~い、じぶん。

2008.11.08 congo


銃を向けられながらリポートする記者。
リスニングはできない。(泣)
2008.11.08 nobody-K
アフガニスタンの経済を、農業と麻薬を中心にまとめています。

日本語資料だと、アフガニスタンはテロで大変、邦人殺害、オバマさんがアフガン対策を強化するって言ってる、ぐらいしかない。
英語だと、誰が何をしててどんな課題があるのか、どういう視点で見ればいいのか、案外経済発展してるってデータもあるんだよー、などなど、いろいろ。

こうやって、他山の石としたい。
それはもちろん、インセンティブに。


なんでだろう、やってる間は純粋に面白いのにね。
きっと、停滞に酔っているんだろう。めでたいことだ。

さあ、さっさと次いこー。
2008.11.07
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=656240&media_id=32

久しぶりに、半端なくいい記事。
ハングリー精神ならぬサバイバー精神が、自分にはあってるな、と思った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081107-00000038-rps-soci
問題発言どころか、なかなかセンスある冗談だと思うんですけど。
ブラックジョークに好意的なのはAゼミのせいかな。笑

激情の矛先を向ける対象を持ちつつ、ゆるゆるわらわらと生きていたい。


なんて、人様の文章に乗っかって考え事をするような生産性のない自分には遠い世界。
それでも、それでも。
がうー。

一歩引いて仕事をするのが、まだできない。
モチベも出ないし、アイデアも湧かない。動けない。

これはこれ。それはそれ。
どういう状況なら一番できるのか。
どういう状況までならうまく対応できるのか。
深さも、広さも、得たい。
今は広さ。こらえ時だ。
ほらほら、図書館が閉まる前に!

2008.11.07 7801
うち、未読4000通あまり。


大学のメールサーバーの受信メール数です。
まあ、既読は半分くらいだったわけだけども。それでも4000通ってかなりの量じゃない?

入学時から使い続けて、残っていたのは2006年、二年前のものから。
大学3年の新歓期にやり取りしたメール群から今週のものまで、今全削しました。
あんまり重くってね、開けなくなってたの。
Ctrl+Aで全選択、削除キー。高速で減っていく受信メール数。
メール自体にそんなに思い入れはないけれど、メールを打つこと、受け取って捌くことは3年前からひたすら苦しめられたことで。それなりの感慨はあったわけでありんす。

昔のデータもUSBごと失くしたし、昔のエントリーも大体削除した。
もうちょっとモノを残したほうがいいのかなあ、とも思う。
けど、モノじゃなくて自分の中に消化されてないと意味がないし。
それなりに、消化していると思うし。

そんなわけで、身一つでまた再チャレンジしようと思うのでした。



2008.11.07 こまった
生産性がない。
言葉さえ、出てこない。

たぶん、そんな時期。
姿勢を低く保って、抜け出そう。
木田 キルケゴールが絶望と言う時には一種、自己分裂のことなのです。可能的な自己と必然的な自己みたいなものが分裂して、相克している。例えば僕の若い頃のことからすれば、何かしたいし、何でもできそうな気がする。そう思っている自分が一方にいて、しかし一方には何一つまともなことがしたことないようなね。ここで引き裂かれているような状態が絶望だと。
何とか統合しようとして努力し、それによって自己が高まり、あるいは少し成長すると、また大きな分裂を起こし、それがまた統合されてまた分裂を起こすという形で成長していく。
だから自己分裂できるという意味で絶望できるのは、人間のたぐいの長所なのだと。

(NB online シリーズ――ポスト・サブプライム(1)人類はもっと謙虚になれ、もはや技術や資本も支配できないと  2008年10月29日)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20081028/175475/?P=3&ST=money
---

例によってNBより。行き過ぎた資本主義を哲学の視点から見たもので、市場を理論が統御できるという認識を改め、手の外にあるものを恐れる意識を持ったほうがいい、現在市場にはびこっている絶望に関しハイデガーはそれを織り込んだ上で人間を時間の中で相対化し生と死に対する新たな向き合い方を提示しようとした、、、というような内容。
もちろんよくわかんないわけですが(笑)、最近流行りになってる資本主義の捉え直しの議論、その中でも人間とは~と大言壮語する記事の中では結構しっくりくるものだなあと。
知識だけでなく、自分本位でもこの潮流を捉えたいですね。
てわけで引用は話が逸れたキルケゴールからです(笑)。


---
三菱UFJが90億ドルで助けたモルガンスタンレー、社員に総額64億ドルのボーナスを支給
http://revchannel.blog64.fc2.com/blog-entry-192.html

「というわけで、お前のくれた9000億円、もう使い切っちゃったから」
    /  ̄ ̄ ̄ \   
    /       / vv
    |      |   |
    |     (||   ヽ         _______
    ,ヽヘ /     |       >_____  |
   /\\       /        ̄ |⌒ v⌒ヽ |__|
  /    \\  __ /          | .| . ノ   )
 /         `\|             < ` o `- ´  ノ
 |         ヽ             >    /
 |  |   l    |              /▽▽\

    ____
    \    ───___
    <             ̄ ̄ ̄ ̄|
    > _________     |
     ̄ ̄ | /       \ |    |
        | /⌒ヽ  /⌒ヽ  |    |
        | | ‘ |  i ‘   |  |    |
        | ヽ.__ノ  ヽ._ ノ   レ⌒ヽ
       ノ   o          6 |
      /__   \      _ノ
          >        ノ
         <、___   イ
             |───┤
           / |/ \ / \
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。