上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この夏はよく山に行きました。
折角なので写真をアップしましょう。

まずは北海道羊蹄山。

標高1893m。結構高い。形良く、蝦夷富士と呼ばれる。(今知ったw)

RIMG0029 (Small)
北の台地を一望。

RIMG0034 (Small)
RIMG0038 (Small)
RIMG0063 (Small)
頂上付近の高原。

RIMG0044 (Small)
頂上。火口に残雪有り、周囲を歩ける。

RIMG0066 (Small)
下りは少し煙る。


今夏の登山に向けて体慣らしに登るのが目的。
自分の体力確認と、何より買いたての登山靴の試し履き。

しかし反省多い登山になりました。
まず行動時間。12時間。笑
これには言い訳があって、一人で登るはずが複数参加に突然なったのです。
麓の町で農業体験をしてて(書いたっけ?)、そのメンバーが色々あって突如参加に。
スニーカーしか持ってない女の子とかいて、明らかに登山は難しいのに、主張できず。
朝3時発12時戻り(登山行動時間7時間)予定が7時半登山開始に。
旅行中登山小説の『孤高の人』読んでたんだけど、宮村に主導権を握られて発言しない加藤そのままでした。

それでもまともな登山にはできるはずで、水は他のメンバー分まで用意する、声もっとかける、お互い気遣えるように隊列考える、など不足が多かった。これまでは自分が助けなきゃいけないメンバーはいなかったからね。。


あと話違うんだけど、今回のメンバーは海外の人たちだったのね。
体力あるアメリカ人、ドイツ人はさっさと歩いてっちゃって、台湾人の女の子と自分と分離。
結局下山が約2時間差。。
隊が分かれるってありえないんだけど。てか体力ない子置いていくか?
英語では日帰り登山ぐらいはclibmingじゃなくてhikingらしい。 その感覚の違いか?


せめて周りに迷惑をかけない登山をするために、色々と学ぶものが多いと感じた山でした。
山ブームで遭難が相次いでるからね。自分はそっち側に入らないようにしないと。
NHKまで真顔で山ガールとか言うんだもんなあ。。なんともはやなブームが来たものです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://cdnmm.blog24.fc2.com/tb.php/304-52348ba6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。